グリンリーフ 株式会社

「グリンリーフでは農産物の生産、加工、販売、流通を行っています。私たちの作る商品は“赤城高原農場ブランド”としてお客様のもとに届けられています。私たちの商品の特徴として、JAS有機認証を取得しオーガニックの商品の製造をしています。更にはISO22000, FSSC22000, HACCPなどの食品安全規格も取得しており、安心・安全で美味しい食を提供しています。」

生産・製造現場 -グリンリーフ農場-

「グリンリーフ農場部門では、大根、白菜、ブロッコリー、キャベツ、こんにゃくの栽培を行っています。群馬県の標高差を生かして一年中生産、収穫が出来るよう、北部の沼田市、昭和村から、南部は太田市まで地域を季節で移動しながら生産を行っています。私たちの生産物は自社での加工を経て加工品となってお客様へお届けし、野菜くらぶを通してそのまま青果として販売されてお客様に届くこととなります。」

こんにゃく工場

「日本最大のこんにゃくの産地である群馬県昭和村からこんにゃく製品をお届けしています。その中でもグリンリーフでは栽培が難しいとされている有機こんにゃく商品を製造しています。私たちの作るこんにゃく製品の中には、味付きで調理しなくても食べられるものもあり、こんにゃく商品を通して日本中のお客様に健康とおいしさを届けています。さらに私たちのこんにゃく製品は2012年からドイツ、イタリアにも輸出を開始しており、群馬から世界へこんにゃくを広めています。」

こんにゃくってなに?

こんにゃくは、日本をはじめとした東アジア地域で食される食べ物です。
芋の粉に石灰を加えて固めた食べ物で、健康にもよく、日本では広く食べられている食品です。また、私たちはこんにゃくを世界に知ってもらいたいと考え、ヨーロッパにもこんにゃく製品を輸出しています。

野菜加工場:漬物

「グリンリーフの野菜加工場では漬物の生産を行っています。自社農場と日本全国に構築したネットワークからその時期に最も適した農産物を仕入れ、加工しています。私たちはお客様に安全で安心な製品をお届けするために、食品添加物も一切使用しておらず、しっかり時間をかけて熟成した漬物を届けています。製造の際にはISO22000、FSSC22000などの食品安全規格を遵守した製造体系をとっています。」

野菜加工場:冷凍野菜

「私たちは有機栽培された野菜を衛生的に管理された工場で冷凍加工しています。群馬県の自社と近隣の協力してくれる生産者の畑で育った野菜を、旬の時期に冷凍しています。お客様が手間をかけず、すぐに料理が出来るような大きさにしてお届けしています。」

野菜加工場:惣菜キット

「グリンリーフでは、お客様が調味料もまな板も使わずに短時間で美味しい料理を作ることのできる惣菜キットを製造しています。
現代の日本では夫婦共働き世帯が年々増加しており、家族で過ごす時間が少なくなっているのが現状です。そんな中、私たちの惣菜キットは“家族とのコミュニケーションを応援する”というコンセプトのもと、少しだけでも料理にかかる時間を短縮し、家族と一緒に過ごす時間を作る手助けになりたいという思いを込めてお届けしています。」

株式会社 四季菜

「株式会社四季菜は2005年にグリンリーフの100%子会社として誕生した農業生産法人です。四季菜は、葉物野菜の生産を担っており、ほうれん草、小松菜、青梗菜の3種の野菜を生産しています。私たちの生産した葉物野菜はグリンリーフの加工場で冷凍野菜として加工されたり、野菜くらぶを通して青果としてお客様に届けられています。」

四季菜:生産現場の紹介 -四季菜農場-

「四季菜では約10名の外国人技能実習生たちと共に葉物野菜3種の生産をしています。
拠点は昭和村ですが、前橋市や太田市など群馬県の南にも圃場やハウスがあり、通年での栽培を行っています。私たちの作るほうれん草、小松菜、青梗菜は慣行栽培だけでなく、特別栽培や有機基準での栽培もおこなっており、その売り先や用途によって多くのパターンの葉物野菜の生産を行っています。」

株式会社 野菜くらぶ

株式会社野菜くらぶは1996年に設立された農業法人です。
私たちは群馬センターに加えて、静岡、青森、長野に4つの自社センターがあり、農産物の生産・販売・流通を行っています。北は青森県から南は島根県まで、全国で80名の生産者がその土地に適した作物の栽培を行っており、全国各地に拠点を持つことで、お客様に対して一年を通して農産物を安定供給できる体制を持っています。有機JASやGlobal G.A.P.、ISO22000などの外部認証も取得しており、安全で美味しい野菜を供給しています。

  

野菜くらぶは、同じ群馬を拠点とするJリーグクラブのザスパクサツ群馬のオフィシャルサプライヤーとしても活動しており、

農産物の提供を通してクラブの成長に貢献しています。

ザスパクサツ群馬公式サイト
株式会社野菜くらぶは、ザスパクサツ群馬のオフィシャルサプライヤーです

野菜くらぶ 流通現場の紹介 -流通管理部門-

野菜くらぶの流通現場では、野菜の集出荷や選果、品質管理を行っています。
特に私たちの会社で扱う農産物の多くは有機栽培で作られたものであり、さらにはGlobal G.A.P.の安全基準に基づく管理を行っていることから、農産物の適切な取り扱いが求められます。
一日で約5,000ケースが出荷される中で、それぞれの野菜や送り先ごとの規定を理解し、業務にあたっています。

株式会社 モスファーム・サングレイス

株式会社モスファーム・サングレイスはトマトの生産を専門に行う農業法人です。
静岡本社と群馬支社の2拠点でトマトの生産を行っています。
サングレイスで生産されたトマトの多くは、日本で有名なハンバーガーチェーンのモスバーガーで使われ、お客様に提供されています。

タイ国内のモスバーガー店舗はこちら
https://www.mos-th.com/en/aboutus/

モスファーム・サングレイス -生産現場の紹介 静岡農場-

モスファーム・サングレイス静岡農場ではトマトとミニトマトの生産をしています。
静岡県菊川市にハウスがあるため、一年を通して比較的暖かく、秋から冬を経て春までトマトの収穫が可能です。
職場の近くにはモスバーガーの店舗もあり、自分たちの作った野菜を味わうこともできます。

モスファーム・サングレイス -生産現場の紹介 群馬農場-

モスファーム・サングレイス群馬農場ではトマトとミニトマトの栽培を行っています。
グループの他企業と同じ群馬県昭和村に約20棟のハウスがあります。
寒暖差の激しい群馬では夏場が主な収穫期であり、冬場には静岡の農場へ移動して収穫を行っています。

ビオエナジー 株式会社

ビオエナジーはグリンリーフグループの下支えを目的として2012年に創設されました。
農業を行うグループの4法人を4つの部署から支えています。
発電所管理課では群馬県内3箇所に太陽光発電所を持ち、売電収入から農業経営を支えています。
業務改善課ではグループ内の日々の業務を効率化させる役割を担っており、効率化によるコストダウンの実現をしています。
保育課ではグループに所属する職員の子どもをお預かりしています。会社敷地内に設置されているため、親と子がともに成長する場を提供しています。
外国人財支援課では外国人材向けの生活環境・就労環境の改善支援や寮の運営を行っています。また、東南アジア食品を販売するショップの経営も行います。

各グループ紹介ページはこちらから

外国人材各種紹介ページはこちら

各事業はこちらから