ビオエナジー株式会社 沿革

2011年
東日本大震災での原発事故の風評によりグリンリーフ株式会社の売上が一時50%を割り込む これを機に、事業コンセプトである「有機」「添加物不使用」に、新たに「利便性」と「自然エネルギー」を加えた事業の柱を構築し始める

2012年
メガソーラー発電事業を目的とし、その目的に資するためグリンリーフ株式会社の100%子会社として、ビオエナジー株式会社設立
昭和村に13㌶の施設用地を購入

2013年
渋川市に8㌶の施設用地を購入、工事が始まる
みなかみ町に8㌶の農地を購入、賃借しソーラーシェアリングの開発を始める

2014年
上白井発電所(2MW)竣工、運営開始
昭和発電所の工事開始

2015年
みなかみ発電所(2MW)竣工、運営開始
ソーラーシェアリングによるブルーベリー、サカキの栽培を開始
昭和第2発電所(0.5MW)竣工、運営開始
グループ内の業務改善コンサルティングを始める

2016年
昭和第3発電所(1MW)竣工、運営開始
昭和第1発電所(2MW)竣工、運営開始
敷地内に託児所竣工
グループに所属する従業員の児童を保育する為、事業所内保育施設(群馬県認可
外保育施設・一時預かり保育施設)として届け出、同時に内閣府所管企業主導型
保育施設として運営開始
外国籍正社員用住宅として、昭和村内にビオエナジー糸井寮(6人定員)を設置、入居開始
グループ全体に「改善の急所(改善活動)」の仕組を導入

2018年
外国籍実習生用住宅としてビオエナジー赤城寮(6人定員)第3寮(4人定員)を設置、入居開始

2019年
外国人財支援課を創設し、グループに所属する外国籍従業員の生活管理等を行う
外国籍実習生用住宅としてビオエナジー第4寮(24人定員)を竣工、入居開始
グリンリーフより旧第1寮(20人定員)・第2寮(6人定員)の譲渡を受けグループ内の外国籍従業員用不動産をすべてビオエナジー管轄とする
ベトナムの国立ベトナム農業学院からインターンシップ生をサポートしグループ会社が受け入れる
タイ国のメイジョー大学、ラチャパット大学チェンマイ2校とインターンシッププログラムの調印をする

2020年
静岡県菊川市にビオエナジー菊川寮(16人定員)を竣工
農場人財育成IOTシステム(FARM system)を開発
ミニトマトパック詰め重量選別機を開発
昭和村にビオエナジー第5寮(18人定員)を購入
グリンリーフ変電所の管理受託を開始

会社概要

社名 ビオエナジー株式会社

住所 群馬県利根郡昭和村赤城原844-12

役員
代表取締役社長  澤浦彰治
取締役      毛利嘉宏(㈱野菜くらぶ専務取締役)
取締役      君田利之(グリンリーフ㈱取締役)
監査役      澤浦幸子(グリンリーフ㈱監査役兼任)

資本金
1000万円

事業内容
売電事業(7.5MWの発電所の経営)
社内託児所事業
業務コンサルタント事業
外国人材支援事業(特定技能外国人 登録支援機関)
機械、システム開発、リース事業
不動産賃貸事業
その他付帯事業

経営理念
感動農業・人づくり・土づくり

使命目的
すべての幸福と豊かさの創造
社員の幸福と豊かさの向上
お客様の幸福と豊かさの向上
会社と地域社会の幸福と豊かさの向上

ビジョン
大家族経営
健康な食の創造企業
「食」を年間安定供給できる農業会社
人財育成会社

私達が考える農業の定義
「食」を中心に置き、作物を育て、エネルギーを作り、それを手元まで届け、健康的な食事と自然循環するところまでの生産活動、サービス活動の全てを農業と定義する